サイト内簡易検索:
パスワード紛失新規登録



ログイン名 パスワード   
Main Menu

Communication

e.t.c...

管理者情報



ら行


  ライン・イン 【らいん・いん】
機材でライン・レベルの信号を受ける入力のことです。ミキサーの場合、マイクなどの小信号用より大きな信号を受ける入力、入力端子を指します。
  ライン・アウト 【らいん・あうと】
機材の主出力以外の、ライン・レベルの出力、および出力端子のことです。
  ライン 【らいん】
信号を伝送する線の総称です。ライン・レベルを単にラインと略して呼ぶこともあります。
  Leitmotiv 【らいと・もてぃーふ】
〈示導動機〉とも。特定の動機が、ある人物・事象・想念などを象徴しつつ繰り返し現れ、作品全体の展開・誘導と統一に貢献する手法。とくにヴァーグナーの後期の楽劇で用いられた手法のことをいう。
  ragtime 【らぐたいむ】
ジャズの1要素となったピアノ演奏スタイル。シンコペーションのきいたリズムにたいする名称で、1890-1910年代にジョプリンらのピアノ曲によって流行。
  rap 【らっぷ】
1970年代末からおもにアメリカ黒人のあいだで普及したダンス音楽。ダンス曲に合わせたディスク・ジョッキーのしゃべりから生れ、レコード盤の回転を手で操作する〈スクラッチ〉や電子機器を駆使した音作りが加わって発展。〈ブレイク・ダンス〉などの周辺文化を含めて〈ヒップ・ホップ〉ともよぶ。
  rhapsody 【らぷそでぃ】
〈狂詩曲〉。19、20世紀の曲種名で、自由奔放な性格をもち、叙事的、民族的な色彩を帯びることが多い。
  lament 【らめんと】
〔1〕死者を悼む音楽の総称。〔2〕嘆きの音楽。モンテヴェルディの《アリアンナの嘆き》が有名。
  lamento 【らめんとーそ】
〈悲しく〉。
  larghetto 【らるげっと】
〈ラルゴよりやや速く〉。
  ラルゴ 【らるご】
〔1〕largo[伊] 速度標語。〈幅広くゆるやかに〉。〔2〕Largo[伊] ヘンデルのオペラ《クセルクセス(セルセ)》(1738初演)中のアリア《オンブラ・マイ・フ(なつかしい木陰)》の通称。
  Leitmotiv 【らいともてぃーふ】
〈示導動機〉とも。特定の動機が、ある人物・事象・想念などを象徴しつつ繰り返し現れ、作品全体の展開・誘導と統一に貢献する手法。とくにヴァーグナーの後期の楽劇で用いられた手法のことをいう。
  lacrimevole 【らくりめーぼれ】
【伊ラクリメーヴォレ】痛ましい, もの悲しい。
  lacrimoso 【らくりもーそ】
【伊ラクリモーソ】涙でいっぱいの, 悲痛な。
  lag 【らぐ】
【ラグ】ドラムのヘッドの締め具。
  lagnevole 【らにぇぼーれ】
【伊ラニェヴォーレ】悲しげに。
  lagrimando 【らぐりまんど】
【伊ラグリマンド】悲しげに。= lagrimoso;
  lamentabile 【らめんたびーれ】
【伊ラメンタビーレ】= lamentando, lamentazione, 悲歌, 哀歌。= lamentation(英);
  lamentando 【らめんたんど】
【伊ラメンタンド】悲しげな。lamentare〈悲しむ, 同情する〉の意。
  lamentation 【らめんてーしょん】
【ラメンテーション】= lamento;
  lamento 【らめんと 】
【伊ラメント】エレジー, 悲歌, 挽歌。= lament(英); come un lamento 哀歌のように。
  lamentoso 【らめんとーぞ】
【伊ラメントーゾ】悲哀をもって。
  lampon 【らんぽん】
【仏ランポン】酒宴歌。
  lana 【らーな】
【伊ラーナ】毛織物, 毛糸。
  Landini cadence 【らんでーに・けーでんす】
【ランディーニ・ケーデンス】伊のオルガン奏者作曲家, ランディーニ(1325-97)の音楽によく使われた終止形でランディーニ終止と呼ばれる。2声または3声曲の最上声が導音を経て主音へ進行する間に, 第6音を経過するのが特徴。
  lang 【らんぐ】
【独ラング】長い
  lang halte 【らんぐ・はるて】
【独ラング・ハルテ】長く音を延ばす。
  lang pause 【らんぐ・ぱうぜ】
【独ラング・パウゼ】長い休止で。
  lang schweigen 【らんぐ・しゅばいげん】
【独ラング・シュヴァイゲン】長い休止で。 = lang pause;
  languissant 【らんぎさん】
【仏ランギサン】やつれた, 衰弱した。
  langoureux 【らんぐるー】
【仏ラングルー】思いに悩んだ, 力のない, ものうげな。
  langsam 【らんぐざーむ】
【独ラングザーム】ゆっくりと。= Lento; noch langsamer さらに(一層)ゆっくりと。Langsam und sehnsuchtvoll ゆっくりと憧憬をもって。
  languendo 【らんぐぇんど】
【伊ラングェンド】=languente; 思い悩んで, 恋こがれて。次第に衰えて。
  languente 【らんぐぇんて】
【伊ラングェンテ】= languende ;
  langueur 【らんがーる】
【仏ランガール】けだるさ, わびしさ。
  languido 【らんぐぃーど】
【伊ラングィード】弱く, 物憂い, 消えるような。
  larga 【らるが】
【羅ラルガ】最も長い音価の音符。= large(英);
  large 【らるじゅ】
【仏ラルジュ】= large, wide; ⇔étroit(仏エトワ);
  largando 【らるがんど】
【伊ラルガンド】= allargando; 次第にテンポを落としながら幅広く。
  larghetto 【らるげっと 】
【伊ラルゲット】Largo より速く。
  larghissimo 【らるぎっしも】
【伊ラルギッシモ】Largo の最上級。Largo よりさらに幅広く。
= Largo assai;
  largo 【らるご 】
【伊ラルゴ】幅広くゆっくりと。
  largo andante 【らるご・あんだんて】
【伊ラルゴ・アンダンテ】程よくゆっくりと
  largo assai 【らるご・あっさーい】
【伊ラルゴ・アッサーイ】= Larghissimo;
  largo di molto 【らるご・でぃ・もると】
【伊ラルゴ・ディ・モルト】さらに遅くゆっくりと。
  larmoyant 【らるもやん】
【仏ラルモヤン】悲しく, 涙をさそうような。
  las 【ら】
【仏ラ】疲れた, うんざりした。d’un rythme las 疲れた感じの表現で。
  lasciare 【らすちあーれ】
【伊ラスチアーレ】そのままにしておく。lasciare vibare (シンバルなど) 振動させたまま。
  lassan 【らっさん】
【独ラッサン】= Lussu(独ラッス); ハンガリー舞曲(チャルダッシュ)の緩やかな部分。パルランド・ルバート(語り調のテンポの伸び縮み), 即興的なカデンツァ風パッセージが挿入される。これに急速なフリスカが続く。《参》csardas, friska;
  lassen 【らっせん】
【独ラッセン】= let; そのままにしておく。klingen lassen 振動させて, ビブラートさせて。= let ring, laissez vibrer;
  lauf 【らうふ】
【独ラウフ】パッセージ, 経過句。
  lauftanz 【らうふたんつ】
【独ラウフタンツ】クーラント舞曲。クーラントはフランスの「走る」に由来する。
  launig 【らうにひ】
【独ラウニヒ】陽気な, こっけいな, 上機嫌な。
  laut 【らうと】
【独ラウト】・声高く, 強い声で, 騒々しい。= loud; ・物音。
  laute 【らうて】
【独ラウテ】リュート。起源は古代エジプトにさかのぼる。15-16C ヨーロッパのほとんどの国で愛用された撥弦楽器。形はギターに似るが, 共鳴胴の背面は丸い。
  lautenschlagen 【らうてんしゅらーげん】
【独ラウテンシュラーゲン】リュートを演奏すること。
  lavolta 【らぼるた】
【伊ラヴォルタ】2拍子のイタリア舞曲。
  lazzi 【らっじ】
【伊ラッジ】イタリアのこっけいな即興劇。= lazzo;
  leichengesang 【らいへんげざんぐ】
【独ライヘンゲザング】葬送曲。
  leicht 【らいひと】
【独ライヒト】軽快に。= leggieto; leicht beschwingt 軽快で躍動感のある。
  leichtfertig 【らいひとふぇるてぃひ】
【独ライヒトフェルティヒ】わがままな, 軽薄な。
  leidenschaft 【らいでんしゃふと】
【独ライデンシャフト】激情, 愛欲, 興奮。= affetto, passione;
  leidenschaftlich 【らいでんしゃふとりひ】
【独ライデンシャフトリヒ】情熱的な, 激しい。=passionate;
  leier 【らいえる】
【独ライエル】7弦琴。
  leise 【らいぜ】
【独ライゼ】静かに, かすかに, 弱い音で。=piano;
  leistung 【らいすとぅんぐ】
【独ライストゥング】演奏。
  leit 【らいと】
【独ライト】悲しみ, 憂い, 悩み。
  leiter 【らいたー】
【独ライター】指揮者, 指導者。
  leitmotiv 【らいともちーぶ】
【独ライトモチーヴ】示導動機。R.ワーグナー作曲「神々の黄昏」の動機として有名になった用語。劇曲で次を暗示する短い主題。
  leitton 【らいととーん】
【独ライトトーン】導音, 第7音。= leading note;
  leitung 【らいとぅんぐ】
【独ライトゥング】指揮, 指導。
  lentement 【らんとまん】
【仏ラントマン】ゆっくりと
  lenteur 【らんとぅーる】
【仏ラントゥール】遅さ, 緩慢。sans lenteur 遅滞しないで
  librarian 【らいぶられあん】
【ライブラリアン】楽譜係。単に楽譜の管理だけでなく, 指揮者の楽譜上の要求に全て応じる知識と能力が必要。オーケストラには普通専任をおくが奏者の兼務もある。
  librarian 【らいぶらりあん】
【ライブラリアン】楽譜係。単に楽譜の管理だけでなく, 指揮者の楽譜上の要求に全て応じる知識と能力が必要。オーケストラには普通専任をおくが奏者の兼務もある。
  liner notes 【らいなー・のーつ】
【ライナー・ノーツ】レコードなどのジャケットにある解説文。
  live 【らいぶ】
【ライヴ】・生き生きとした。・(ホール等が)よく響く。・(音楽や番組が)生で。録音なしに。
  lively 【らいぶりー】
【ライヴリー】・生命力に満ちた。・快活で陽気な。・いきいきと。
  lovers rock 【らばーす・ろっく】
【ラヴァース・ロック】イギリスに住むジャマイカンの間で生まれた歌謡レゲエ。恋人達が踊るために名付けられる。
  lug 【らぐ 】
【ラグ】ためにリムに取り付けられた締め金具。
  rabbia 【らっびーあ】
【伊ラッビーア】憤怒, 狂熱。la rabbia del mare 海の荒々しさ。
  raccolta 【らっこーるた】
【伊ラッコールタ】選曲集。
  raccont 【らっこんと】
【伊ラッコント】物語, 話。
  raccontando 【らっこんたんど】
【伊ラッコンタンド】朗読風に。=racitando;
  raccorcir 【らくるしーる】
【仏ラクルシール】縮める, 短くする。
  racitando 【らちたんど】
【伊ラチタンド】朗読風に, レシタティヴ風に。=raccontando;
  racker 【らくれ】
【仏ラクレ】〈削り取る〉の意。(弦楽器を)きーきーと下手に鳴らす。引っかく, 強くこする。
  rackett 【らけっと】
【独ラケット】ファゴットの前身。15-6Cの木管楽器。
  racleur(se) 【らくりゅーる(ゆーず)】
【仏ラクリュール(ユーズ)】(弦楽器を)下手に弾く人。
  rad 【らーど】
【独ラード】輪唱。= raund, rata;
  raddolcendo 【らっどるちぇんど】
【伊ラッドルチェンド】次第に静かに音を弱めながら。
  raddoppiare 【らどっぴあーれ】
【伊ラドッピアーレ】重唱する。2倍にする, 増やす, 重複させる。
  raddoppio 【らどっぴお】
【伊ラドッピオ】重唱。倍加, 増加, 重複。
  radical 【らでぃかる】
【ラディカル】根音。
  raffrenando 【らっふれなんど】
【伊ラッフレナンド】速度を遅くしながら。
  raffrentando 【らっふれたんど】
【伊ラッフレンタンド】進行にブレーキをかけながら。
  rag time 【らぐ・たいむ】
【ラグ・タイム】19C末, アメリカのスコット・ジョプリンやトム・タービンなどの黒人ピアニストによって奏されたピアノ・スタイル。20Cになって, ジャズやポピュラーソングに大きな影響を与えた。straight-time(正拍子)の反対。ドボルザーク作曲交響曲「新世界より」や「弦楽4重奏曲op.96」, ストラビンスキーの作品にも見られる。
  raganella 【らがねっら】
【伊ラガネッラ】=ratchet(ラチェット), ガラガラ。ハイドン作曲「おもちゃの交響曲」, レスピーギ作曲「ローマの祭 IV」。
  rakoczy-marsch 【らこっつぃー・まるしぇ】
【独ラコッツィー・マルシュ】ラコッツィー行進曲。
  ralentir 【ららんてぃーる】
【仏ラランティール】速度を遅くして。ralentissez; = rallentando; sans ralentir 遅くすることなく。《参》ralentir en sユeffa溝nt 音を消していきながらテンポを遅くして。
  rallentando 【られんたんど】
【伊ラレンタンド】次第に遅く。rit. よりも若干急にブレーキがかかるニュアンスがある。[略 rall.]
  rallentatare 【られんたーれ】
【伊ラレンターレ】よりゆっくりとしたテンポで演奏する。
  ranchera 【らんちぇら】
【西ランチェラ】アルゼンチンの3/4拍子の舞曲。
  rand 【らんと】
【独ラント】端, 縁。= edge; rand unt fell zugleich schlagen リム・ショット。
  random composition 【らんだむ・こんぽじしょん】
【ランダム・コンポジション】偶然性の音楽。内容はきわめて曖昧だが, 確定された音符によらないで, 音楽のわくをはるかに超えた行為を伴う。=music of chance operation, aleatory music;
  ranz de vaches 【らん・で・ばっしゅ】
【仏ラン・デ・ヴァッシュ】スイスの羊飼い歌。アルプホルンで奏される旋律。ドイツでは, クーライエンという。=Kuhreihen;
  rap 【らっぷ 】
【ラップ】ニューヨークの黒人ディスクジョッキーの間から始まった音楽に乗って軽やかにナレーションをするような唱法。《参》hip hop;
  rapidement 【らぴどまん】
【仏ラピドマン】速く, 急速に。=rapidly;
  rapidite 【らぴでぃて】
【仏ラビディテ】速さ, 急速。
  rapido 【らぴーど】
【伊ラピード】元気よく急速に。= rapid(英), rapide(仏ラピード);
  rappresentare 【らっぷれぜんたーれ】
【伊ラップレゼンターレ】上演する, 役を演じる。
  rappresentation 【らっぷれぜんたちぉーん】
【伊ラップレゼンタチォーン】劇的。stile rappresentation 劇的型。
  rapprocher 【らぷろーしぇ】
【仏ラプローシェ】近い, 接近した。En se rapprochant (舞台などに)接近して。
  rapsodia 【らぷそでぃあ】
【伊ラプソディア】ラプソディー, 狂詩曲。
  rapsodie 【らぷそでぃー】
【仏ラプソディー】= Rhapsody;
  rasch 【らっしゅ】
【独ラッシュ】速い。sehr rasch, 隔ァerst rasch 大変速く。etwas rasch 少し速く。noch rascher さらに速く。
  rasgueado 【らすげあーど】
【西ラスゲアード】ギターの奏法の一種。一回の手の動きで複数の弦をかき鳴らす。seco(セコ)は, ほぼ同時に「ジャン」, graneado は,「ジャララン」と多様なニュアンスで弾き分けられる。
  raspe 【らすぺ】
【伊ラスペ】ギロ。= raspel, rasper, rasping stick;
  ratchet 【らちぇっと】
【伊ラチェット】ガラガラ。= cr残elle, cog rattle;
  rather 【らざー】
【ラザー】いくらか, かなり, 相当に。rather slow 幾分か遅めに。
  rattendo 【らってんど】
【伊ラッテンド】テンポを控えて。
  rattenendo 【らってねんど】
【ラッテネンド】次第に遅く。rattenere〈抑える〉の意。
  rattenuto 【らってぬーと】
【伊ラッテヌート】= rattendo;
  rattenzza 【らってっつぁ】
【伊ラッテッツァ】速度。
  rattle 【らっとる】
【伊ラットル】振って音を出す体鳴楽器。ガラガラ, シェーカー, マラカス類。形, 素材, 音は多様。
  rauco 【らうこ】
【伊ラウコ】しゃがれた。voce rauca ハスキーな声。
  rauschend 【らうしぇんと】
【独ラウシェント】(風, 森, 川などが)ざわめくように。
  ravvivando 【らびばんど】
【伊ラヴィヴァンド】活気づいて, 勢いを取り戻して。次第に速度を加えながら。
  reiben 【らいべん】
【独ライベン】こする。 durch reiben ...でこする。
  reifen 【らいふん】
【独ライフン】(太鼓の) 外枠。
  reigen 【らいげん】
【独ライゲン】ドイツの民族舞踊で輪舞。
  reine 【らいね】
【独ライネ】純粋な。= pure;
  reine stimmung 【らいね・しゅてぃんむんく】
【独ライネ・シュティンムンク】純正調。= just intonation, pure temperament;
  reizend 【らいつぇんと】
【独ライツェント】愛らしい, 優美な。
  reizvoll 【らいつふぉる】
【独ライツフォル】魅惑的な, 魅力のある。
  remplacer 【らんぷらせ】
【仏ランプラセ】...と交替する, 取り替える。
  remplissage 【らんぷりっさーじゅ】
【仏ランプリッサージュ】・中声部。・装飾音。
  renforcer 【らんふぉるせ】
【仏ランフォルセ】さらに(一層)強くする
  renvoi 【らんぼあ】
【仏ランヴォア】繰り返し, リピート記号。
  rhapsodie 【らぷそでぃー 】
【独ラプソディー】狂詩曲。=rhapsody;
  rhyme 【らいむ】
【ライム】詩脚
  ride 【らいど】
【ライド】〈(ジャズで)即興演奏をする。スイングする〉の意。
  ride cymbal 【らいど・しんばる】
【ライド・シンバル】ドラム・セットの中で最も大きい[20″]サスペンディッド・シンバル。トップ・シンバルともいう。ドラムセットのセッティングでは中央に置く。《参》crash cymbal;
  riselied 【らいぜりーと】
【独ライゼリート】旅の歌
  riser 【らいざー】
【ライザー】楽員用の雛壇(山台)。
  rocabilly 【らかびりー】
【ラカビリー】ロカビリー。rockユnユroll と hillbilly の特徴を組み合わせたポピュラー音楽。
  round 【らうんど】
【ラウンド】輪唱。= rata, rad;
  rub 【らぶ】
【ラブ】擦る。rub the edge with the bow of string instrument 弦楽器の弓で端を擦って奏せよ。(ヴィブラホーンの角を弓で擦って音を出す場合が多い。よい音を出すには鍵盤を軽く指で押さえるなどの工夫が必要);
  リリース・ベロシティ 【りりーす・べろしてぃ】
ノート・オフ・ベロシティと同じ意味です。
  臨時記号 【りんじきごう】
楽曲の途中で特定の音の高さを一時的に半音上または下に変化させる記号を指します。臨時記号は、再び繰り返される同じ音に対しても同一小節内ではすべて有効とされますが、オクターブ(完全8度)離れた音に対してはその効力を生じません。
  リミッター 【りみったー】
信号の最大レベルを設定したレベルに抑える装置および回路のことです。レコーディングでは規定以上の信号がレコーダーに加わる(そうするとテープが飽和して音は歪む)のを防ぐなど、また、PAでは大信号によってスピーカーが破壊されるのを防ぐなどのために使われます。
  リフレイン 【りふれいん】
楽曲構成上のテーマ(主題)部分、すなわち通常の演奏や歌唱で繰り返される部分を指します。コーラスの用語が一般に多用されています。
  リピート・エコー 【りぴーと・えこー】
山びこのように、元音を明確に何回も繰り返すタイプのエコーのことです。はっきりリバーブと区別したいときにリピート・エコーという言葉を使うことが多いです。
  リピート 【りぴーと】
繰り返して演奏することです。
  リズム・パターン 【りずむ・ぱたーん】
楽曲の形態によって示される各種のリズム形を指します。主としてリズム・セクションによって連続的に示され、拍子のとり方やフレーズのノリ方のよりどころとなります。
  リズム・アレンジ 【りずむ・あれんじ】
主としてリズム・セクションの各楽器を対象とした編曲を指します。
  リズム 【りずむ】
メロディ(旋律)やハーモニー(和声)と相互に影響しあって楽曲を構成する、音楽の基本的な要素のひとつです。リズムの種類は拍子によって異なり、さらに各拍子内でのリズム・パターンの相違によっても分類されます。
  relative key 【りれいてぃぶ・きー】
調号を同じくする長調と短調。ハ長調とイ短調など。
  recorder 【りこーだー】
リードをもたない木管楽器の一種。吹口に設けられた細い通気溝から出る気流が、鋭いエッジに吹きつけられて発音する。ブロックフレーテとも。中世後期には最終的な形が完成され、16世紀には大小数種がつくられた18世紀なかばまで広く用いられ、当時はフルート(フラウト)といえばこの楽器をさした。20世紀のふたたび用いられるようになった。そのさい古いバロック式運指法を多少簡略化したドイツ式運指法が生れたが、音程の点ではバロック式がすぐれる。
  recital 【りさいたる】
〈独奏(唱)会〉
  ritardando 【りたるだんど】
〈だんだん遅く〉。ritard. またはrit. と略記。
  ricecare 【りちぇるかーれ】
16、17世紀の器楽曲の名称。さまざまな楽曲がこの名でよばれたが、とくにフーガの前段階ともいえる模倣的書法のものが重要。
  reed 【りーど】
楽器の発音源になるアシ、木、竹、金属などの薄片。(1)シングル・リード:1枚のリードが管の内側やマウスピースと触れあって振動するもの。クラリネット、サクソフォンなど。(2)ダブル・リード:2枚のリードがたがいに触れあって振動するもの。オーボエ、ファゴットなど。(3)フリー・リード:金属製で、それ自体の振動で一定の楽音を発する。オルガン、ハーモニカなど。
  Lied 【りーと】
〔1〕ドイツ・リート:ドイツ語によるロマン派芸術歌曲。一般にピアノ伴奏を有する。代表的な作曲家に、シューベルト、シューマン、ブラームス、ヴォルフ、R. シュトラウスなど。〔2〕広義には〈歌曲〉全般。中世の単旋律歌曲、ルネサンスの多声歌曲、バロックの通奏低音付歌曲などを含む。
  rythmique 【りとみっく】
ジャック=ダルクローズが創案した音楽教育の方法。音と身体の運動をリズムで結びつけるその考えは、現代舞踊、演劇・音楽に影響を与えた。
  gli 【り】
【伊リ】イタリア語における定冠詞の一種。(la, lユ, le, il, i, lo など);
  lead in 【りーど・いん】
【リード・イン】メロディーをスムーズに導き出すために, フレーズの直前に挿入するスケール的なフィラーをいう。
  lead sheet 【りーど・しーと】
【リード・シート】メロディーとコードネームだけの楽譜。
  leading note 【りーでぃんぐ・のーと】
【リーデイング・ノート】導音。= sous tonque(仏スゥ・トニック), leitton(独ライトトーン);
  leaning note 【りーにんぐ・のーと】
【リーニング・ノート】装飾音, 倚音。
  lebendig 【りべんでぃひ】
【独リベンディヒ】活発な, 生き生きとした。= allegro;
  liaison 【りえーぞん】
【仏リエーゾン】・スラーやタイのこと。・ポルタメント。
  liberamente 【りべらめんて】
【伊リべラメンテ】自由に。
  libre 【りぷる】
【仏リプル】= free;
  librement 【りぶるもん】
【仏リブルモン】好きなように, 自由に。
  libres cymbales 【りぶる・さんばる】
【仏リブル・サンバル】吊るしシンバル。
  libretto 【りぶれっと】
【伊リブレット】歌劇の台本。
  licenza 【りちぇんつぁ】
【伊リチェンツァ】〈許可〉の意。Cor Anglais con licenza〈できればイングリッシュホルンで, しかし奏者に選択をまかせる〉の意。
《参》con licenza 奏者に任せて。Rhapsody In Blue の冒頭のソロ・クラリネット・パートに指示されている。
  liceo 【りちぇお】
【伊リチェオ】学院。liceo musicale 音楽院。
  liebelich 【りーべりひ】
【独リーベリヒ】愛らしく, 麗しく。
  liebeslied 【りーべすりーと】
【独リーベスリート】恋の歌。
  liebevoll 【りーべふぉる】
【独リーベフォル】思いを込めて。
  lied 【りーと 】
【独リート】歌曲。(英語の song, 仏語の chanson, 伊語の canzone に当たる), Kinderliet 童謡。
  liedchen 【りーとへん】
【独リートヘン】小歌曲。
  lieder ohne worte 【りーだ・おーね・うぉるて】
【独リーダ・オーネ・ウォルテ】無言歌。メンデルスゾーンのピアノ小曲で旋律的であるためにそう呼んだ。= song
  liedersammlung 【りーだざんむるんぐ】
【独リーダザンムルング】歌曲集。
  liedertafel 【りーだたーふぇる】
【独リーダターフェル】男声合唱団。
  lieto 【りえーと】
楽しく, 愉快な。= lustig(独ルスティヒ);
  lieu 【りゅー】
【仏リュー】場所。au lieu de...の代わりに。en premier lieu最初に。
  lieve 【りえーべ】
【伊リエーヴェ】軽い。
  lievemente 【りえーべめんて】
【伊リエーヴェメンテ】軽やかに。
  ligatura 【りがとぅら】
【伊リガトゥラ】〈集まったもの, 連結〉の意。メンスラル音楽で連結された音符群。
  ligature 【りがちゅあ】
【リガチュア】・リガーチュア(リードを固定する金具)。・音符を結ぶ弧線。スラーによって結ばれた一連の音符。
  ligne 【りーにゅ】
【仏リーニュ】譜線。= linea(伊), linie(独リーニエ);
  lindamente 【りんだめんて】
【伊リンダメンテ】明瞭に。
  linezza 【りねっつぁ】
【伊リネッツァ】軽快。
  links 【りんくす】
【独リンクス】左。⇔ rechts; liken hand 左手;
  lip slur 【りっぷ・すらー】
【リップ・スラー】金管楽器でスラーを奏する場合, タンギングなしで唇をコントロールすることにより発音させること。トランペット等の基礎練習には欠かせない。
  lirico 【りりこ】
【伊リリコ】〈叙情的な〉の意。= lyric;《参》msica lirica オペラ音楽,
opera lirica オペラ(18-9Cの音楽劇)。
  liscio 【りっしょ】
【伊リッショ】滑らかな。
  lithophone 【りそふぉーん】
【リソフォーン】石で作った体鳴楽器全般を指す名称。
  lumineux 【りゅみを】
【仏リュミヌ】輝かしい, 明るい, はっきりした。
  lute 【りゅーと】
【リュート】= laute(独ラウテ), luth(仏リュート), liuto(伊);リュート。起源は古代エジプトにさかのぼる。15-16C ヨーロッパのほとんどの国で愛用された撥弦楽器。形はギターに似るが, 共鳴胴の背面は丸い。
  Lv(L.V.) 【りっせ・びぶれ】
【仏リッセ・ヴィブレ】laissez vibrer の略。(シンバルを叩いて)振動させたままにせよ。=Let ring;
  lyric 【りりっく】
【リリック】・叙情詩。・ポピュラー・ソングの歌詞。
  real 【りある】
【リアル】〈真実の〉の意だが, (シーケンス sequence に関して) 前の旋律と全く同じ反復をいう
  recapitulation 【りすぴちゅりーしょん】
【リカピチュレーション】ソナタ形式における再現部。
  recapitulation 【りかぴちゅりーしょん】
【リカピチュレーション】ソナタ形式における再現部。
  recapitulation 【りかぴちゅりーしょん 】
【リカピチュレーション】ソナタ形式における再現部。
  reduse 【りでゅーす】
【リデュース】減少させる。
  reed 【りーど 】
【リード】〈葦〉の意。リード。=ancia(伊アンチャ); (アコーディオンやハーモニカなどの)舌。
  rehearsal 【りはーさる】
【リハーサル】リハーサル。rehearse 下稽古をする
  reissue 【りいしゅー】
【リイシュー】昔に発売されたレコードを再プレスしてCDなどで発売すること。
  religieuxse 【りれじゅーず】
【仏レリジューズ】・敬虔な。・宗教の。・厳格な, 修道女。
  religioso 【りれじぉーぞ】
【伊レリジォーゾ】敬虔な, 宗教的な。= pious(パイアス);
  remoted key 【りもーてっど・きー】
【リモーテッド・キー】近親調。
  repeat 【りぴーと 】
【リピート】反復, 繰り返し
  repercussion 【りぱーかっしょん】
【リパーカッション】カノンの再現部。=reperkussion(独);
  repertory 【りぱーとりー】
【リパートリー】演奏家や演奏団体が常に用意できる演奏曲目。1シーズン中の演奏予定曲をいうこともある。=r姿ertoir(仏レペルトアール), repertoire(独レペルトイーレ);
  representation 【りぷれぜんてーしょん】
【リプレゼンテーション】(絵画や彫刻などの)表現, (劇などの)上演。
  research 【りさーち】
【リサーチ】〈調査〉の意。次に現れる楽曲を拍子を変えて前奏すること。
  resolution 【りぞりゅーしょん】
【リゾリューション】不協和音が解決すること。
  retrograde 【りとろぐれーど】
【リトログレード】逆行の
  reverb 【りばーぶ】
【リヴァーブ】〈反響させる〉の意。残響音
  reverse motion 【りばーす・もーしょん】
【リヴァース・モーション】反進行。= gegenbewgung;
  revised version 【りばいずと・ばーじょん】
【リヴァイズト・ヴァージョン】改訂版。《参》ブルックナーの作品に多く見られる。ストラビンスキー作曲「火の鳥」は, 原典版(1910)に対して, 1919年版とか1945年版というように呼称し, あえて改訂版とは言わない。ムソルグスキー作曲「禿げ山の一夜」のようにリムスキー=コルサコフによる改訂版だけが慣用されているため, 特に改訂版とは言わない。
  revision 【りびじょん】
【リヴィジョン】改訂。すでに完成している作品を再検討したり校訂, 修正の手を加えること。
  rhythm brushes 【りずむ・ぶらっしぇず】
【リズム・ブラッシェズ】ワイヤー・ブラシの古い言い方
  rhythm-and-blues 【りずむ・あんど・ぶるーす】
【リズム・アンド・ブルース】[略 R&B]ポピュラー音楽(ジャズ)の一形態。1940年代, アメリカの黒人から起こった大衆音楽。伝統的なブルースのヴォーカル, ピアノ・コンボなどによる。60年代になってロックン・ロールやソウルにつながる。
  rhythm 【りずむ 】
【リズム】= rythme(仏リトム), Rhythmus(独リュトムス), ritmo(伊西リトゥモ), rhythmisch 動的の。
  ribattuta 【りばとぅーた】
【伊リバトゥータ】イタリアの古い声楽のトレモロの変形。付点で始まるのが次第に速くなってトリルになる。
  ribs 【りぶす】
【リブス】弦楽器の胴をとりまく横板。=zargen(独);
  ricercare 【りちぇるかーれ 】
【伊リチェルカーレ】16C初期から始められた器楽曲。ファンタジア, カプリッチォ(capriccio)と同義に用いられた時もあった。
  richiamo de uccelli 【りきあーも・で・うっちぇり】
【伊リキアーモ・デ・ウッチェリ】鳥のさえずり。 uccello 小鳥。
  richtig 【りひてぃひ】
【リヒティヒ】正確に。
  ricoperta di lana 【りこぺるた・でぃ・らーな】
【伊リコペルタ・ディ・ラーナ】毛糸を巻き付けて覆った。
ricoperta di pelle 皮で覆われた。

  ricoperto 【りこぺると】
【伊リコペルト】...で覆われた, メッキした。
  ricordanza 【りこるだんつぁ】
【伊リコルダンツァ】追憶, 追想曲。
  rideau 【りどー】
【仏リドー】(劇場の)幕, カーテン。
  ridotto 【りどっと】
【伊リドット】〈縮小した, 変形した〉の意。riduzione の動詞形。編曲。
  riduzione 【りどぅつぃおーね】
【伊リドゥツィオーネ】編曲, アレンジ。特に, 原曲よりも少ない演奏体に編曲すること。
  rien 【りあん】
【仏リアン】= nothing, anything; 何も(...ない); 《参》presque rien ほとんど聞こえないように。
  rifacimento 【りふぁちめんと】
【伊リファチメント】改作, 手直し
  riff 【りふ】
【リフ】ジャズ演奏で, ソロプレーヤーのバック奏者が,そのソロに合わせて即興的に短いフレーズを考え, 合奏の形で何度も繰り返すこと。
  rifiormento 【りふぃおるめんと】
【伊リフィオルメント】装飾, 装飾的編曲
  rifrain 【りふれいん 】
【リフレイン/仏ルフラン】繰り返し。
  rigaudon 【りごーどん】
【仏リゴードン】2/2拍子のプロバンス地方の活発なリズムの民族舞曲。(ラヴェル作曲; 組曲「クープランの墓」) ;
  rigo 【りーご】
【伊リーゴ】(五線譜の) 線。= riga;
  rigoroso 【りごろーそ】
【仏リゴローソ】厳格に。= a rigore;
  rigoureux 【りぐれ】
【仏リグレ】厳格な, 厳密な, 正確な。
  rigueur 【りぐぇーる】
【仏リグェール】厳格, 正確。sans rigueur テンポルバートで。
  rigueureux(se) 【りぐぇりゅー(ゆーず)】
【仏リグェリュー(ユーズ)】厳格な, 厳正な
  rilasciando 【りらっしゃんど】
【伊リラッシャンド】次第にゆっくりと。rilasciare〈解放する, 自由にする〉の意。
  rilevato 【りればーと】
【伊リレヴァート】目立たせて, 浮き立たせて
  rim 【りむ】
【リム】ドラム類の枠。マウスピースが口に当たる部分
  rim shot 【りむ・しょっと】
【リム・ショット】小太鼓のリム打ち。三種類の叩き方が代表的。・一本のスティツクでリムとヘッドを同時に叩く。・スティックの先をヘッド, 中央部をリムに付け, そのスティックの中間部を右スティックで叩く。・左スティックを逆に持ち, ヘッドに付けた先を支点にして中央部でリムを叩く
  rimembranza 【りめんぶらんつぁ】
【伊リメンブランツァ】追想曲
  rimettendo 【りめってんど】
【伊リメッテンド】元のテンポに戻して。=zur歡kgehend; rimettere〈元の状態に戻す〉の意。
  rinforza 【りんふぉるつぁ】
【伊リンフォルツァ】強さを増すこと
  rinforzado 【りんふぉるつぁーと】
【伊リンフォルツァート】アクセントを付けて
  rinforzando 【りんふぉるつぁんど】
【伊リンフォルツァンド】短くて強いクレッシェンド。一つの音符や和音を急激に強める。しかし, 実質的にはスフォルツァンドに同じ。[略 rf, rfz, rinf]
  rinforzato 【りんふぉるつぁーと 】
【伊リンフォルツァート】急に強く
  ripercussione 【りべるくっしぉーね】
【伊リペルクッシォーネ】・フーガなどの主題再現部。・連打
  ripetere 【りぺてれ】
【伊リペテレ】繰り返す
  ripetitura 【りぺてぃとぅーら】
【伊リペティトゥーラ】繰り返し。= ripetizione;
  ripienist 【りぴえにすと】
【独リピエニスト】(オーケストラで)伴奏声部の奏者
  ripienistimmen 【りぴえんしゅてぃんめん】
【独リピエンシュティンメン】伴奏声部。
  ripieno 【りぴえーの】
【伊リピエーノ】全合奏で, 全部で。
  ripigliare 【りぴりあーれ】
【伊リピリアーレ】〈再び取り戻す〉の意。元のテンポに戻して。
  ripiglio 【りぴーりょ】
【伊リピーリョ】繰り返し
  riposo 【りぽーそ】
【伊リポーソ】休止
  ripiglio 【りぽすた】
【伊リポスタ】答句
  riprendere 【りぷれんでれ】
【伊リプレンデレ】=ripigliare; 初めのとおりする, 再演する,再び始める。
  ripresa 【りぷれーさ】
【伊リプレーサ】・(イタリア風バラードの) 繰り返し, 反復句。・ソナタ形式における再現部。
  risalto 【りさると】
【伊リサルト】きわだつこと
  riscaldare 【りすかるだーれ】
【伊リスカルダーレ】激高する, 夢中になる
  risentito 【りせんてぃーと】
【伊リセンティート】感情を込めて, 表情に富んで。resentire〈強く感じる〉の意。
  risolutamente 【りそるためんて】
【伊リソルタメンテ】決然として, 勇敢に。=resolument;
  risolute 【りそるーと】
【伊リソルート】決然とした, 決定的に。
  rispetto 【りすぺっと】
【伊リスペット】イタリアの民謡小品曲。
  ristoretto 【りすとれっと】
【伊リストレット】フーガの終結前に緊張感を与えるために応答が現れる手法。=stretto;
  ritardando 【りたるだんど 】
【伊リタルダンド】[略 rit.]次第にゆっくりと。
  ritenuto 【りてぬーと】
【伊リテヌート】[略 riten.]速度をいくぶんゆるめて
  ritmato 【りとまーと】
【伊リトマート】リズム正しく明白に
  ritmico 【りとみこ】
【伊リトミコ】律動的な, リズミカルな。Largo ma ritmico ラルゴのテンポだが律動的に。
  ritmo 【りずむ  】
【伊リトモ】リズム
  ritornare 【りとるなーれ】
【伊リトルナーレ】繰り返せ
  ritornello 【りとるねろ】
【伊リトルネロ】〈復帰〉の意。・14Cのマドリガルの同様の歌詞で繰り返される組曲の第二の部分。・18Cの前半における合奏協奏曲や独走協奏曲で, 独奏部分をはさんで反復して奏される総奏の部分。
= ritornell(独リトルネル), ritournello(仏リトゥルネーユ);
  ritrogrado 【りとろくらーど】
【伊リトロクラード】逆行
  ritterlich 【りってるりひ】
【独リッテルリヒ】騎士の, 勇ましい
  riverso 【りべるそ】
【伊リヴェルソ】〈仰向けになる〉の意。反対進行で。カノンの手法。
  rivoltato 【りぼるたーと】
【伊リヴォルタート】転回して, 反進行の
  rudement 【りゅーどまん】
【仏リュードマン】荒々しく。
  rythme 【りとむ】
【仏リトム】リズム, テンポ, 調子, 律動。=rhythm;
  rythmique 【りとみっく 】
【仏リトミック】・律動的な。・スイスの作曲家エミル・ジャック・ダルクローズ(1865-1950)によって創案された音楽教育法。Rhythmik(独);
  lustige oper 【るすてぃげ・おーぺる】
【独ルスティゲ・オーペル】喜歌劇。=operette;
  le 【る】
【仏ル】定冠詞で la, les, l’ など。
  lugubre 【るーぐぶれ】
【伊ルーグブレ】悲しげに。悲しみに満ちて。
  ルート 【るーと】
コード(和音)の基礎となる音のことです。すべてのコードはルートを土台として組み立てられ、コード・ネームにも大文字で示されます。根音と同じ意味です。
  ludo 【るーど】
【伊ルード】仮面劇。= masque, mask;
  loure 【るーる】
【仏ルール】フランスで起こった素朴な舞曲で, バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタにも採用されている。
  lourdeur 【るーるどぅーる】
【仏ルールドゥール】重さ。sans lourdeur 重くならないように。
la m.g. toujours sans lourdeur 左手は常に重くならないように。
  lusingando 【るじんがんど】
【伊ルジンガンド】優しく, 媚びるように。色っぽく甘美に。
  lustig 【るすてぃっひ】
【独ルスティッヒ】楽しい, 快活な。= lieto(伊); fr喇lich(独);
  leçon 【るそん】
【仏ルソン】= lesson; 練習。leçons 練習曲。
  ルバート 【るばーと】
テンポ・ルバート
  luftig 【るふてぃひ】
【独ルフティヒ】軽やかに, 気どった。
  ルフラン 【るふらん】
→リフレイン。
  lullaby 【るらばい】
【ルラバイ】子守歌。= cradlesong, wiegen lied;
  loin 【るわ】
【仏ルワ】=far; 遠くに, 隔たって。《参》lion derri俊e la sc熟e 舞台の陰の遠くから。《参》plus pr峻 一層(舞台に)近寄って。→tr峻 pr峻 かなり(舞台に)近寄って。→presque sur la sc熟e ほとんど舞台の上で。
  lunga 【るんが】
【伊ルンガ】長い。その音や休符を長く自由に伸ばす。=lungo;
  luttuoso 【るっととぅおーそ】
【伊ルットトゥオーソ】悲哀の。lutto〈哀惜〉の意。
  reculer 【るきゅれ】
【仏ルキュレ】後退する, 後退させる
  remettez 【るめて】
【仏ルメテ】元に戻せ。remettez la sourdine(ルメテ・ラ・ソルディヌ)弱音器を外せ。
  renaissance music 【るねいさんす・みゅーじっく】
【ルネイサンス・ミュージック】中世とバロック期(15C半〜17C)までの音楽。= music in the renaissance;
  repos 【るぽ】
【仏ルポ】(曲の)休止。
  reprendre 【るぷらんどぅる】
【仏ルプランドゥル】・再現, 繰り返し。・回復する。
  reprenez 【るぷらん】
【仏ルプラン】もう一度演奏せよ。
  retentir 【るたんてぃーる】
【仏ルタンティール】鳴り響く, 鳴り渡る
  retourner 【るとぅるね】
【仏ルトゥルネ】ひっくり返す, (元の状態に)戻る
  retrouver 【るとるぅべ】
【仏ルトルゥヴェ】再び取り戻す
  revenez 【るぶねー】
【仏ルヴネー】返れ。= return; revenez au mouv. 元の速さに
  revenir 【るぶにーる】
【仏ルヴニール】(元の位置に)戻る, 再び(繰り返し)現れる
  revue 【るぶゅー】
【仏ルヴュー】レビュー。パリの吹き寄せ音楽劇
  rhumba 【るんば】
【ルンバ】ルンバ。19Cの初めにキューバに起こった民族ダンス音楽。=rumba;
  root 【るーと 】
【ルート】根音。
  roulade 【るーらーど】
【仏ルーラード】経過句, 歌唱上の難しいパッセージ
  roule 【るうれ】
【仏ルウレ】(太鼓の) ロール打ち。
  roulement 【るうるまん】
【仏ルウルマン】(太鼓の) ロール打ち。roulement avec deux baguettes de timbales 2本のティンパニ・スティックでロール打ちをする。
  ruan 【るあん】
【ルアン】中国の撥弦楽器。月琴(ユエチン)もこの一種。月餅のように正円で扁平な共鳴板を持ち, 4弦あり指板にはフレットが付いている。
  rubato 【るばーと 】
【伊ルバート】〈盗まれた〉の意。tempo rubato テンポを自由に加減して演奏すること。
  rude 【るっど】
【仏ルッド】激しい, 粗野な。= violent; ⇔ doux;
  rueda 【るえーだ】
【西ルエーダ】スペインのカステリア地方の舞曲。
  ruf 【るーふ】
【独ルーフ】叫び声, (鐘・楽器などが知らせる)音。jagdruf 角笛の音。
  ruff 【るふ】
【ルフ】小太鼓のフラ打ち。通常, 装飾音の前打音を2個入れて打ちならすこと。3個は, Three strokes ruff;
  rufhorn 【るーふほるん】
【独ルーフホルン】おもちゃのトランペット。ruf = callの意;
  ruggito 【るっじーと】
【伊ルッジート】うなり声, (ライオンなどの)咆哮。
  ruhe 【るーえ】
【独ルーエ】・休止。・平穏。・静寂。・落ちつき。
  ruhepunkt 【るーえぷんくと】
【独ルーエプンクト】休止符。=schweigezeichen ;
  ruhevoll 【るーえふぉる】
【独ルーエフォル】平和な, 静かな。
  ruhig 【るーいっひ】
【独ルーイッヒ】・静かな。=quiet; ・落ちついた。=calm; Sehr ruhig 非常に落ちついて。
  rule 【るーる 】
【ルール】譜線。
  rullando 【るらんど】
【伊ルランド】轟音。
  rullo 【るーろ】
【伊ルーロ】(小太鼓の) ロール打ち。
  rullo con il dita 【るーろ・こ・にる・でぃーた】
【伊ルーロ・コ・ニル・ディータ】指ロール。dita 《複》指。
  rumba 【るんば 】
【西ルンバ】19C初めごろキューバでおこったダンス・リズム。= rhumba;
  rumbabirne 【るんばびるの】
【独ルンバビルノ】マラカス。birne 洋なし。
  rumbaholz 【るんばほるつ】
【独ルンバホルツ】マラカス。holz ピン。
  rumbakugeln 【るんばくーげるん】
【独ルンバクーゲルン】マラカス。kugeln〈転がす〉の意
  rumore 【るもーれ】
【伊ルモーレ】騒音, 雑音。
  rund 【るんと】
【独ルント】ロンド
  russe 【るっせ】
【伊ルッセ/仏リュッス】ロシアの
  russisch 【るっしっしゅ】
【独ルッシッシュ】ロシアの
  rustico 【るすてぃーこ】
【伊ルスティーコ】田舎風の, ひなびた。= rustique(仏);
  rute 【るーて】
【独ルーテ】・小枝, むち。= peitsche; ・しなやかな小枝を束にして太鼓を打つ。今は, ワイヤー・ブラシで代用。
  ruvido 【るびど】
【伊ルヴィド】荒々しい, ぶっきらぼうな, 粗野な。
  le(d)ger line 【れっじゃー・らいん】
【レッジャー・ライン】加線。=added line, hilfslinie(独ヒルフスリーニエ);
  lai 【れい】
【レイ/仏レー】仏英における中世の歌曲の一ジャンル。
  レート 【れーと】
速さの度合いを示す用語です。LFOのレート、サンプリング・レートなどではその周波数を示し、エンベローブ・ジェネレーターのレートではアタック、ディケイなどの時間を示します。
  laine 【れーぬ】
【仏レーヌ】羊毛。
  lebhaft 【れーぷはふと】
【独レープハフト】活発な, 生き生きとした。Sehe lebhaft, jubelnd 歓声のように極めて生き生きと。
  regato 【れがーと】
〈音をつなげて〉。音のあいだを切れ目なく演奏すること。
  lectio 【れくつぃお】
【羅レクツィオ】レッスン。
  レコーディング 【れこーでぃんぐ】
広い意味では録音一般のことです。シーケンサーにデータを入力することもレコーディングといいます。
  recitativo 【れちたてぃーぼ】
ローマ・カトリック教会の〈死者のためのミサ曲〉。名称はミサ冒頭のイントロイトゥスが〈レクイエム(安息を)〉という言葉で始まることに由来。ビクトリア、モーツァルト、ベルリオーズ、ヴェルディ、フォーレなどの多声作品が有名。
  laisser 【れっせ】
【仏レッセ】残す, ...のままにしておく。laissez vibrer(シンバルやハープなど )振動させたままにせよ。[略 Lv]
  練習曲 【れんしゅうきょく】
→エチュード。
  lento 【れんと】
〈ゆるやかに〉。
  lädler 【れんとらー】
【独レントラー】レンドラー舞曲。南ドイツ, オーストリアの田舎で流行した 3/4 拍子の舞曲, ワルツの前身。J.シュトラウス作曲「ウィーンの森の物語」の前奏部の最後に, Lädler tempo の指定がある。
  legando 【れがんど】
【伊レガンド】= legato;
  legatissimo 【れがてぃっしーも】
【伊レガティッシーモ】できるだけレガートに。
  legatura 【れがとぅーら】
【伊レガトゥーラ】タイ, タイ記号。
  légende 【れじゃんど】
【独レジャンド】伝説(曲), 物語。= legende(独レーゲンデ);
  léger,ère 【れじぇ】
【仏レジェ,ジェール】軽い, あっさりした, 軽快な。= Light(英), leicht(独ライヒト), leggero(伊レッジェーロ);
  légèrment 【れじぇーるもん】
【仏レジェールモン】軽快に, 軽やかに。
  leggenda 【れじぇんだ】
【伊レジェンダ】伝説(曲), 物語。= legende(独レーゲンデ);
  leggere 【れっじぇれ】
【伊レッジェレ】楽譜を見て演奏する。
  leggerezza 【れじぇれっつぁ】
【伊レジェレッツァ】軽快さ, 軽さ。con leggerezza 軽快に。
  leggiadro 【れっじゃーどろ】
【伊レッジャードロ】優美な, しとやかな, 愛らしい。leggiadramente 優美に。
  leggiermente 【れじぇるめんて】
【伊レジェルメンテ】軽快に。= légerement(仏レジェルマン);
  leggiero 【れっじぇーろ】
【伊レッジェーロ】軽快な。ピアノにおいてはメゾスタッカートのように。= leicht, léger;
  leggio 【れっじぉ】
【伊レッジォ】譜面台。= pult(独), pupitre(仏ピュピートル);
  legnetti 【れにぇってぃ】
【伊レニェッティ】クラベス。
  legni 【れーに】
【伊レーニ】木管楽器。= a fiato legni; 《参》Bottoni 金管楽器。
  legno 【れーにょ】
【伊レーニョ】弓の棹(木部)の部分で弦を奏すこと。
  lenezza 【れねっつぁ】
【伊レネッツァ】柔和, 優しさ, 静かに。con lenezza 柔和に。
  leno 【れの】
【伊レノ】= lene, lenezza;
  lentando 【れんたんど】
【伊レンタンド】次第にゆっくりと。
  les six 【れ・すぃす】
【レ・スィス】フランス6人組。(ミヨー, オネゲル, オーリック, プーランク, デュレ, タイユフェール);
  lesto 【れすと】
【伊レスト】速く, 軽快に。
  let ring 【れっと・りんぐ】
【レット・リング】(シンバルなどで)響いたままにさせておく。= laissez vibrer(仏)[略 Lv];
  levare 【ればーれ】
【伊レヴァーレ】・上げる。・取り外す。levare i sordini 弱音器を取り外せ。
  levata 【ればーた】
【伊レヴァータ】アウフタクト, 初めの不完全小節, 弱起。= up-beat;
  levé 【れべ】
【伊レヴェ】上拍。
  levezza 【ればっつぁ】
【伊レヴェッツァ】軽快。
  range 【れいんじ】
【レインジ】音域。dynamic range 最強音と最弱音との範囲。
  rate 【れーと 】
【レート】・速さ, 速度。・歩合, 率。・価格。
  rave 【れいぶ】
【レイヴ】ジャズの一ジャンル。〈わめき散らす, わめきたてる〉の意。
  rebab 【れぱぶ】
【レバブ】インドネシアの擦音楽器。イスラム教徒によって西アジアからもたらされ, 中央ジャワのガムラン合奏の中で重用される。二弦からなり, 床に座して楽器を立てて奏す。
  rechts 【れひつ】
【独レヒツ】・右。rechts fell 右のヘッド(バスドラムに関して),

⇔ links(リンクス); ・気持ちのよい。・本当に。全く。
  recital 【れしたる】
【仏レシタル】リサイタル。
  recitando 【れちたんど】
【伊レチタンド】叙唱風に。
  recitative 【れしたてぃぶ】
【レシタティヴ】主に歌劇で美しい旋律を歌うアリアに対して語り調となる部分。叙唱。[略 recit. / rec.]
  recitativo 【れちたてぃーぼ 】
【伊レチタティーヴォ】レシタティヴ, 叙唱。
  reco-reco 【れこ・れこ】
【レコ・レコ】ギロのように, 竹にギザギザの歯形を刻んで, これを棒で擦って鳴らすブラジルの体鳴楽器。
  recorder 【れこーだー】
【リコーダー】リコーダー。
  redlich 【れーとりひ】
【独レートリヒ】誠実な, 正直な。
  reduction 【れだくしょん】
【レダクション】大規模な編成を小編成にして編曲を行うこと。= reduce, Auszung(独アウスツンク)⇔ transcription;
  rege 【れーげ】
【レーゲ】活発な, 生き生きとした。
  reggae 【れげい】
【レゲイ】レゲエ。西インド諸島, ジャマイカの黒人間で, カリプソなどを要素として発展したロック音楽の一種。
  register 【れじすたー】
【レジスター】・音域, 声域。・(独レギスター)パイプオルガンの音質・音色を変換するストップ。
  register-key 【れじすたー・きー】
【レジスター・キー】木管楽器の音域を変換するキー。オクターブ・キー。
  regola 【れーごら】
【伊レーゴラ】規則, 手本。al regole きちんと, 規則正しく。a regola di きちんと, 規則どおりに。
  related keys 【れれいてぃど・きーず】
【レレイティド・キーズ】近親調。
  remoto 【れもと】
【伊レモト】遠い, 遥か彼方の。
  repetimento 【れぺてぃめんと】
【伊レペティメント】繰り返し。
  repetitore 【れぺてぃとーれ】
【伊レペティトーレ】歌劇の予習教師, 合唱教師。
  repetizionszeichen 【れべてぃちぉーんつぁいへん】
【独レペティチォーンツァイヘン】繰り返し記号, 反復記号。
  repetizone 【れぺちつぉーね】
【伊レペチツォーネ】= repetimento; 繰り返し。
  repinique 【れぴにく】
【レピニク】ブラジルの胴長ドラム。
  repiro 【れすぴーろ】
【伊レスピーロ】・呼吸。・息継ぎ記号。
  replica 【れぷりか】
【伊レプリカ】繰り返し, 繰り返し記号。senza replica 繰り返さないで。《参》数小節の短い繰り返しは, bis と記す。
  replicato 【れぷりかーと】
【伊レプリカート】繰り返して。
  reprise 【れぷりーぜ】
【独レプリーゼ/仏ルプリーズ】繰り返し。特にソナタ形式で展開部の後の再現部(提示部の繰り返し)をいう。
  requiem 【れくいえむ】
【羅レクイエム】鎮魂歌, 死者のためのミサ。= missa pro defunctis;
  resonance 【れぞなんす】
【レゾナンス】・共鳴。・残響
  resonanzboden 【れぞなんつぼーでん】
【独レゾナンツボーデン】・共鳴板。・弦楽器の表板
  resonateur 【れぞなちゅーあ】
【仏レゾナチューア】共鳴体
  respiration 【れすぴれーしょん】
【レスピレーション】息継ぎ記号[’]や[”]の表記をする
  resultants 【れざるたんつ】
【レザルタンツ】結合音
  retardation 【れたるだちぉーん】
【羅レタルダチォーン】・速度の弛緩。・音の係留
  retardieren 【れたるでぃーれん】
【独レタルディーレン】次第に遅くする
  retenu 【れとにゅ】
【仏レトニュ】〈控えめに, 慎み深い〉の意。指示されたところから急にテンポを遅くして。retenez = meno mosso;
  retintin 【れてぃんてぃん】
【西レティンティン】・(鐘の音など)響き。・鈴
  retrogrado 【れとろぐらーど】
【伊レトログラード】旋律を逆から読むこと
  retto 【れっと】
【伊レット】真っ直ぐな, 一直線の
  revolver 【れふぉるべる】
【独レフォルヴェル】競技用のピストルを撃つ
  rezitativ 【れつぃたてぃーふ】
【独レツィタティーフ】レシタティヴ。=recitativo;
  Roman School 【ろーま・すくーる】
16世紀後半にローマで活躍した宗教音楽の作曲家の楽派。ア・カペラの教会音楽を特徴とする。代表的作曲家にパレストリーナ。
  ローマ楽派 【ろーまがくは】
16世紀後半にローマで活躍した宗教音楽の作曲家の楽派。ア・カペラの教会音楽を特徴とする。代表的作曲家にパレストリーナ。
  rock 【ろっく】
ポピュラー音楽の1スタイル。1950年代リズム・アンド・ブルースにカントリー音楽を加味して生れた〈ロックンロール〉の略称。ビートルズ登場以後音楽的に発展、多様化してプログレッシヴ・ロック、ハード・ロック(のちにヘヴィ・メタル)、パンク・ロックなどのジャンルを生んだ。
  romance 【ろまんす】
〔1〕物語ふうの有節歌曲。〔2〕物語ふうの歌をイメージした器楽曲の題名。
  ロマン派音楽 【ろまんはおんがく】
1820年ごろから1900年ごろまでの時期のヨーロッパ音楽。この時期、市民が音楽活動に参加、作曲家に芸術家意識・個人様式の自覚が強まり、楽器の改良が進み、ヴィルトゥオーソが登場、音楽は表題性を強めると同時に、明確な調性的構造を崩すようになり、また民族主義が台頭した。
  romantic music 【ろまんてぃっく・みゅーじっく】
1820年ごろから1900年ごろまでの時期のヨーロッパ音楽。この時期、市民が音楽活動に参加、作曲家に芸術家意識・個人様式の自覚が強まり、楽器の改良が進み、ヴィルトゥオーソが登場、音楽は表題性を強めると同時に、明確な調性的構造を崩すようになり、また民族主義が台頭した。
  ロンド形式 【ろんどけいしき】
主題が、異なる楽想をはさんで反復される形式で、代表的な形はABACABA。その他、さまざまな構造の実例がある。
  ロンド=ソナタ形式 【ろんど・そなたけいしき】
ロンド形式とソナタ形式*の折衷的な形式。ロンド形式のABACABAのうち、最初のABAがソナタ形式の提示部、Cが展開部、最後のABAが再現部のように機能する。
  läuten 【ろいてん】
【独ロイテン】響く, 鳴る。
  lo stesso 【ろ・すてっそ】
【伊ロ・ステッソ】前と同じに。=lo stesso tempo; il medesimo tempo;
  lo 【ろ】
【伊ロ】男性名詞単数に付けられる冠詞の一種。母音の前では lユとなる。
  lo stesso tempo 【ろ・すてっそ・てんぽ】
【伊ロ・ステッソ・テンポ】=lユstesso tempo; 同じテンポで。
  loch 【ろっほ】
【独ロッホ】音孔。
  loco 【ろこ】
【伊ロコ】原位置で。[略 lo. loc.]
  loge 【ろーじぇ】
【独ロージェ】(音楽ホールや劇場の) 仕切桟敷。《参》ウィーン・フィルのムジーク・フェライン・ザールでは, parterre logen(一階桟敷), balkon logen(二階桟敷)の客席をもつ。
  logogram 【ろごぐらむ】
【ロゴグラム】省略記号, 略示記号。
  lointain 【ろわんたん】
【仏ロワンタン】遠くの, 遥かな。⇔ proche(プロッシュ);
  lombardischer rythmus 【ろんばるでっしぇる・りとむす】
【独ロンバルデッシェル・リトムス】= scotch snap; ヴァイオリン音楽でよく用いられるスキップ・リズムを逆にしたリズム。
  longa 【ろんぐが】
【ロングガ】中世の定量記譜法のうち, 2番目に長い音符。
  longhair 【ろんぐへやー】
【ロングヘヤー】・クラシック音楽の演奏家(作曲家, 愛好家); ・髪を長くしている人。
  lontano 【ろんたーの】
【伊ロンターノ】遠くで響いているように, 弱く。come da lontano 遠く離れたところから響いているように。
  lotus flute 【ろーたす・ふるーと】
【仏ロータス・フルート】スライド・ホイッスル。= slide whisle,lotosflote;
  rauque 【ろーく】
【仏ローク】= rauco;
  robustamente 【ろぶすためんて】
【伊ロブスタメンテ】力強く, たくましく。= robustly;
  robusto 【ろぶすと】
【伊ロブスト】強き, 力のある。tenore robust 強い声のテナー。
  roco 【ろこ 】
【伊ロコ】(声が)しわがれた。
  rod 【ろっど】
【ロッド】(フルートなどの管内をふき取る)掃除棒。ロッドには, 反射板の位置のずれをチェックするために溝が入っていて, 歌口の中央との間隔はピッコロ=7.5@, フルート= 17@となっている。
  rohr 【ろーあ】
【独ローア】葦, 籐。
  rohrblatt 【ろーあぶらっと】
【独ローアブラット】リード。=zunge, blatt;
  role 【ろーる】
【ロール】歌劇の役。
  roll 【ろーる 】
【ロール】太鼓のロール打ち。= rollo;
  rolliertrommel 【ろーりえるとろんめる】
【独ローリエルトロンメル】テナー・トムトム。= rolltrommel;
  rollschellen 【ろーるしぇれん】
【独ロールシェレン】スレイベル。
  rolltrommel 【ろるとぅろんめる】
【伊ロルトゥロンメル】小太鼓。
  romanesca 【ろまねすか】
【伊ロマネスカ】16C〜17C, 初期のバロック作曲家が好んで用いた素材で, グラウンド・バス(バッソ・オスチナート)として愛用された旋律。その源はスペインの古謡とみられる。
  romanza 【ろまんつぁ】
【伊ロマンツァ】叙情的な気持ちをもった器楽曲。
  ronda 【ろんだ】
【伊ロンダ】輪唱。スペインの旧カステリア地方の民謡。
  ronde 【ろんどぅ】
【仏ロンドゥ】〈円い, 円, 輪〉の意。全音符。
  ronde pointe 【ろんどぅ・ぽあんて】
【仏ロンドゥ・ポアンテ】付点全音符。
  rondeau 【ろんどー】
【仏ロンドー】=rondo;
  rondino 【ろんでぃーの】
【伊ロンディーノ】小ロンド。
  rondo 【ろんど】
【伊ロンド】ロンド, 回旋曲, 輪唱, 独唱と舞踏歌の合唱とが交互に歌われるもの。またそれから発達した器楽曲。
  rondo form 【ろんど・ふぉーむ】
【ロンド・フォーム】ロンド形式。エピソード(挿入部)をはさんで主題が数回反復される。基本的には, A-B-A-C-A-B-Aの形となる。またBの移調や, Cを展開風に扱うことなどによって, ロンド・ソナタ形式と呼ばれるものもよく用いられた。
  ronzamento 【ろんつぁめんと】
【伊ロンツァメント】口の中で歌うこと。(蜂などの)ブンブンという音。
  rose 【ろーぜ】
【独ローゼ】ギターなどの胴板中央の音孔。
  rosin 【ろーじん】
【ロージン】(弓に付ける)松脂。
  rossignol 【ろっしにょーる】
【独ロッシニョール】夜鳴き鴬。
  rota 【ろーた】
【羅ロータ】輪唱, カノン。= rad;
  rotary valve 【ろーたりー・ばるぶ】
【ロータリー・ヴァルヴ】回転式バルブ。= drehventil, zylinderventil(独);
  rotondo 【ろとんど】
【伊ロトンド】円満で十分な音で。
  rotta 【ろった】
【伊ロッタ】中世紀のギターに似た7弦の撥音楽器
登録数:489

- Mash Room -

Copyright(C)2005.Pianoko.net All Right Reserved.